【リニューアル】トライオートETFのビルダーが公開されました

triauto_etf_builder資産運用

ビルダーのないトライオートETFなんて・・・

ずっと待ち焦がれていた機能がようやく公開されました。

標準で用意されているトライオートETFセレクトではとてもじゃないですが、私の要望を満たしてくれません。なぜなら、

金融株トリプルがないから

事前に予約しておけば良かったのに・・・と言われるとそれまでですが、どうなるか分からないのに予約だけしといてって言われても怖くて手出せないですよ。

ネットでの人気はナスダック100トリプル

やはり、トライオートETFの対象銘柄で人気が高いのは「ナスダック100トリプル」ですね。逆にそれ以外の銘柄に言及している人を見ないんだけど。。。

もはや「トライオートナスダック100トリプル」で良いのでは?(語呂悪)

まぁ冗談はさておき、私は金融株トリプルで稼働させたいので、こちらについて書いていきます。

金融株トリプルを対象とする理由

端的に説明しますと

  • 比較的ボラティリティが高い
  • 価格が安い
  • 将来に期待できる(希望)

といった内容です。個別に少しだけ解説します。

比較的ボラティリティが高い

トライオートETFは自動売買なので、変動がなければ売買が発生しません。
また、買い付けてから少しの利幅を取った上で売り払う必要があります。
ということはそれなりの幅で価格が変動(上下)して欲しいのです。

通常の金融株であれば、変動幅は少ないですが、金融株トリプルは単純に通常の3倍の値動きを示します。ということはそれだけ売買の機会が増えるのです。

価格が安い

かといって変動幅が大きすぎても必要な資金量が多くなるため、弱小投資家である私にはつらい。ナスダック100トリプルなんてのはまさにその典型です。私にしたら既に140ドルを超えているもので自動売買は恐怖です。

というか、チャイナショックの時に思いっきり損切りしてますからね。買値が140ドルということはそれだけ下がる余地もあるということを認識すべきです。

反面、金融株トリプルは今まだ40ドル前後です。これなら比較的安心できます。

ボラティリティもそこそこで価格も安い、そんな金融株トリプルを選ばない手があろうか、いや、ない。

将来に期待できる(希望)

これはあくまで個人的な希望的観測ですが、将来に期待できると信じています。

というのも、コロナショック以前はナスダック100トリプルにも引けを取らないくらいの取引価格でした。コロナショック後の復活はまだまだ道半ばですが、ポテンシャルは秘めていると思います。

また、金融株は復活の道半ばなので今から乗っても遅くないような気がしています。

ナスダック100トリプルを選ばない理由

ついでにこちらの理由も説明しておきますと「怖いから」の一言です。

私は米国の右肩上がりを信じていますが、それでも資金的に余裕がないため、リスクが取れません。先述した通り、金融株トリプルに比べてナスダック100トリプルの方が価格も高く暴落時には下げ幅が大きくなることが想像できます。

ただし、「資金が潤沢であれば私はナスダック100トリプルを選ぶ」ということは書いておきます。
※10万円チャレンジを始めたときも選んでいたのですが、高くなってきた時点で外しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました