3級FP資格を取るまでの過程を記録する。その1~申し込み編~

自己啓発

いきなりですが、 3級FP技能検定(ファイナンシャルプランニング技能検定)を受けることにしました。少し前から資産運用に興味があり、色々と投資を勉強・実践してきたので、どれくらいの知識がついているのか確認してみたくなりました。

まずは申し込み。どこにどうすればよい?

FP試験の申込先は2か所あります。

  • 日本FP協会(いわゆる「FP協会」)
  • 金融財政事情研究会(いわゆる「きんざい」)

どちらに申し込んでも合格して得られる資格は同じです。
では、どちらに申し込めば良いのか?どちらでも良いのか?

実は、この両者では実技試験が異なります

3級FP試験は

  • 学科試験
  • 実技試験

の2試験から構成されており、後者の実技試験で出される問題が異なります。
※学科試験は共通の問題が出題されます。

色々と調べてみたところ、個人的にはFP協会が良さそうだと思いました。
ですので、わたしはFP協会に申し込むことにします。

申込期間は意外と短い

今回は2019年9月8日(合格発表:10月21日)の試験を受けようと思いますので、7月4日から7月23日までの約20日間の内に申し込みを済ませる必要があります。
20日間は時間があるようで意外とすぐに過ぎてしまうので、注意しましょう。
※申し込みの日程などはFP協会もきんざいも同じです。

試験に向けての日程は、毎回だいたい同じです。
試験日の約2か月前から申し込み期間が始まり、約2週間前から受験票が発送されます。

申込先によって合格率が異なるのは気にしない

インターネットで色々と調べると出てきますが、FP協会の方が合格率が高いです。

これには色々と理由がありそうですが、はっきりとした理由は分かりません。

ただ、個人的に思うのは、
3級FPは国家資格なので、出題形式や数が異なっても求められているスキルは同じ
ということです。

つまり、きんざいでもFP協会でも勉強不足なら落ちるでしょうし、知識が足りていれば受かります。合否を決めるのは申込先ではなく、自分の知識だということです。

いずれにせよ、試験を受ける以上は何か参考書でも買って勉強してみよう、と考えています。
どうせ受けるなら合格したいですもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました