アジアンタイヤがコスパ最強!国産の半分以下の値段で大満足!

review-atr-sport商品レビュー
review-atr-sport

地方に住んでいると車は必需品ですよね。そして車の消耗品の代表格と言えば・・・

そう、タイヤです。

数年に1回は必ず交換することになるので、タイヤサイズが大きい車に乗っていると出費が痛いんですよね・・・

今回の記事は、タイヤの出費を抑えるため、アジアンタイヤを履いてみたら想定外に良かったのでオススメしようと思い、書いた記事です。

タイヤの寿命は意外と短い

夏タイヤは比較的長くもちますが、スタッドレスタイヤは3~4年程度で溝が残っていてもゴムが硬化して寿命になります。

ワイ
ワイ

車に乗る限り、3年程度で買い替え・・・
スタッドレスも考えると・・・

スタッドレスは溝が残っていれば、夏タイヤとして流用することができますし、実際に流用している人は多いと思います。しかし、それでも体感的にはあっという間にタイヤの買い替えを迎えることになります。

溝がないタイヤは危険

私自身、タイヤをケチってギリギリまで買い替えを粘ったことがありますが、そもそも溝がないタイヤで走行することは

  • 雨道でスリップしやすい
  • 制動距離がのびる(停まりにくい)
  • なによりも道交法違反

そう考えると時期が来たら諦めて買い替える必要があります。

インチサイズが大きいとタイヤも高くなる

基本的には、タイヤの値段はインチサイズが大きくなるほど高くなります。
最近はメーカー純正のホイールサイズも大きくなってきていますので、出費も大きくなりやすいです。

私は車が好きなので、タイヤにも多少こだわっていまして、アジアンタイヤはダメだと思っていました。しかし、子供が出来て家を買うと決めてからはそこまでの余裕がなくなって、半ば諦めてアジアンタイヤに手を出しました

ところがこの諦めが大正解だったわけです。

ちなみにこれまで履いてきたタイヤは以下の通り

  • Playz(1回)
  • POTENZA S001(1回)
  • DIREZZA DZ102(2回)

直前に履いていたタイヤがこちら(DIREZZA)です。

そして、今回履き替えたのがこちらATR SPORTです。

値段の差は比較して頂ければ分かると思いますが、私がAmazonで確認した限りでは

DIREZZA DZ102 255/35 R18 で26,600円
ATR SPORT 255/35 R18 で8,240円

です。なんと4倍近く開きがあります。国産タイヤ1本買う値段で4本揃ってしまうのは驚愕でした。

アジアンタイヤも調べて買えば怖くない

アジアンタイヤと言っても実は色々な種類があります。

私はスポーツタイプの車に乗っているため、スポーツタイプのタイヤを選択しましたが、その際も本当に色々と調べました。調べた結果、ATR SPORTが良さそうだったので決断し、購入しています。

※少し前からアジアンタイヤも品質は上がってきていると聞いてはいましたが、実際に自分で調べて履いてみて、本当に実感できました。

この記事を書いている現在、履き替えて約5ヶ月が経過しています。晴れの日も雨の日も不都合を感じたり、不安を感じたことはありませんでした。正直、これまで履いていたタイヤのポテンシャルを引き出せていなかったことを思えばATR SPORTでも何も問題はありません。

自分が運転している限りでは、雨の日にタイヤが空転することやスリップすることもありませんでした。

また、ロードノイズなども全く気になりません。
少なくともこれまでのタイヤと比較して極端にうるさくなったなどは感じません。

今後も夏タイヤはアジアンタイヤを選びます

費用対効果を考えると国産タイヤには戻れません。夏タイヤは次も間違いなくアジアンタイヤを買います(おそらくATR SPORTでしょう)。

半額以下で購入できて、感じ取れる性能は同じであれば、わざわざ高いタイヤを買う理由がありません。

とりあえず伝えたいことは、意外とアジアンタイヤも悪くない、ということです。自分は先入観に囚われて避けていましたが、もっと早く手を出しておけば良かったと後悔しているくらいです。

さすがにスタッドレスタイヤは、日本で乗っている以上、国産タイヤを買おうと思います。やはり天候への対応力などは現地メーカーにはかなわないと思いますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました