【業界初】楽天スーパーポイントで単元以上の国内株式が購入できる!10月28日から開始!

楽天ポイントで国内株式投資資産運用

楽天経済圏で生活する人にとってはかなりの朗報ですね。特に楽天スーパーポイントは比較的貯まりやすいので、私も積極的に国内株の買付に回す予定です。

本記事の要点

2019年10月28日から楽天スーパーポイントで国内株の購入が可能
・従来通り、投資信託の購入も可能
特定口座、一般口座、NISA口座のいずれも利用可能
IPOなど対象外のものもあり
期間限定ポイントや交換で得たポイントは利用できない

楽天スーパーポイントは数あるポイントの中でも人気

巷には様々なポイント制度が溢れていますが、その中でも楽天スーパーポイントは、楽天経済圏という言葉が生まれるほど人気があります

楽天には、

  • 楽天市場
  • 楽天でんき
  • 楽天モバイル
  • 楽天トラベル

など多数のサービスが揃っており、いずれも楽天ポイントで還元を受けることができます。何をするにも大抵は楽天のサービスがありますので、楽天をフル活用することでポイントを集約することができるのは管理面でも非常に有利です。

複数のポイントを使い分けることも出来なくはないですが、意外と面倒くさくて結局失効することが多々あります。

業界初!楽天スーパーポイントで国内株式を購入

おそらく楽天経済圏で生活している投資家は歓喜しているのではないでしょうか。

これまでも楽天スーパーポイントで投資信託は購入できました。そして、ついに「国内株式の買付や取引手数料の支払いに利用できる」ようになります。

そもそもポイントで投資信託の買付が出来る証券会社自体少ない気がしますが、さらに国内株式の買付まで出来るとは、楽天証券は非常に攻めていますね。ユーザー目線からも嬉しい次第です。

ただし、従来の投資信託買付と同様、期間限定ポイントや他ポイントから交換したポイントは利用できませんので、注意が必要です

楽天証券口座はもっておいて損はなし

楽天証券は口座開設費用も維持管理費用も掛かりませんので、開設は無料でできます。仮に開設だけして後は放っておいてもお金は掛かりません。

これからの時代には資産運用や投資といったことも考える必要がでてくると思います。最近では若年層(20~30代)の方が投資に積極的なようです。

「年金を当てに出来ない」と考えている世代なので、自分の老後を守るには労働で得る賃金だけでは難しい、と気づく人が増えているのだと思います。

せっかくなので、この機会に開設だけしておくと良いと思います。他にも大手のネット証券会社にはSBI証券やマネックス証券があります。わたしはSBI証券と楽天証券を目的別に使い分けています。

楽天証券

楽天経済圏の入り口は「楽天カード」

説明の順番が前後してしまいましたが、楽天経済圏の入り口は楽天カードです。楽天カードをフル活用してこその楽天経済圏なので、とにもかくにも楽天カードを作ることから始めましょう。

楽天カードには通常カードとゴールドカードがありますが、まずは通常カードからで問題ありません。通常カードであれば、入会金や年会費などはありませんので無料で作成・維持ができます

楽天は先入観から毛嫌いされるきらいがありますが、使ってみると手放すことが出来なくなります。こんなに使い勝手が良くてお得なカードはそうそうありません。

今から楽天経済圏を活用し始めても十分間に合う

2019年10月28日から国内株式の買付に利用できるとのことなので、今から楽天経済圏を活用し始めても9月分のポイントが得られれば十分投資に回せそうです。とはいえ、1か月で何十万ポイントも貯めるのは至難の業なので、早めに活用してポイントを貯め始めるのが良いです。

米国株式投資にも対応できると更に嬉しい

為替などもあるため、難しい気はしますが、海外株式(主に米国株式)にもポイントで投資できるようになると更に利便性があがって嬉しいですね。特に最近は徐々に海外株式に手を出す人が増えている印象がありますので、一気に囲い込んで欲しいところですね。わたしも喜んで囲われます笑

Tポイントでは単元未満株が買える

ポイントによる単元未満(100株未満)の買付であれば、SBIネオモバイル証券が実施しています。ただし、こちらはTポイントによる買付です。

Tポイントは昔から使っている人が多く、ファミリーマートでは「Tポイントカードはお持ちですか?」とよく聞かれますね。その影響もあって、もし余っているTポイントがあるのであれば、SBIネオモバイル証券はオススメです。

SBIネオモバイル証券では1株から買えます。1株から買えることは、実はかなりのメリットがあります。

例えとして、みずほ銀行の株を買う場合を考えます。

通常は単元(100株)を購入するため約16,000円必要です。1ポイント=1円の価値なので、言い換えると16,000ポイントないと買えないのです。

しかし、16,000ポイントを貯めている人はどれくらいいるでしょうか?

もう何となくお分かり頂けたと思いますが、1株単位で買えるということはポイントが少ししかなくても株式が買えるのです。ぜひ自分にあった証券口座を選択して頂ければと思います。

SBIネオモバイル証券では、配当利回りの良い銘柄を少しずつ購入して、徐々に配当金を増やすポートフォリオを構築するのが良さそうです。ジュース一杯分を我慢して1株買うなど節約感覚で取り組めそうです。

SBIネオモバイル証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました