【Python】入門:Anaconda環境でHello World!!してみよう

helloworldプログラミング

前回の記事でWindows10にAnacondaをインストールしました。
今回は大抵のプログラミング言語の第一歩である“Hello, World!!”を表示してみます。

前回の記事:Anaconda環境を構築する

Pythonの環境として、Anacondaを使用していますので、まだ環境構築(インストール)していない方は前回の記事を参考にしてください。

Anacondaを起動して、Pythonコード入力画面にする

Windowsのスタートメニュー(Windowsボタンを押すと開きます)から「Anaconda Prompt」を選択しましょう。

anaconda start menu

すると下記のような黒いウィンドウが開きます(ファイルパスは加工しています)。

anaconda prompt

この黒いウィンドウに”python”と入力してEnterキーを押しましょう。するとPythonのコード入力画面に切り替わります(下記のような画面になります)。

anaconda prompt

Hello World!!を表示させてみよう

それではいよいよ本題のHello Worldです。

上記のPythonコード入力画面になっていることを確認してから、下記コードを入力しましょう。

print('Hello, World!!')

下記のように入力してから

python hello world

Enterキーを押すと、下記のように結果が表示されます。

python hello world

補足:C言語との違い

普段はC言語をメインに使っているので、自分なりに簡単に違いを補足しておこうと思います。

C言語でHello Worldを表示させる場合、下記のように書きます。

printf("Hello, World!!");

大きな違いは下記3点です。

  • プリントエフ → printf
  • 文字列のダブルクオーテーション → Hello, World
  • 末尾のセミコロン → (“Hello, World”);

ダブルクオーテーションはPythonでも使えるようなので、あまり気にしなくても良さそうですが、末尾のセミコロン”;”は間違えてしまいそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました