Google検索で古いサイトを検索結果に表示しない方法

google_search雑記

Google検索は誰でも使ったことがあると思いますが、検索結果が全て古くて欲しい情報が探せなかった経験はありませんか?

ワイ
ワイ

いまさら2000年代のサイトが表示されても参考にならんのぅ

本記事では、Google検索で1年以内に更新されたサイトだけが表示されるようにする方法を紹介します。

他にも1か月以内とか期間指定も可能ですぞ

結論を端的に書くと

Google検索の「ツール」で期間指定するだけです!

超簡単です。

Googleの検索対象を更新日でフィルタリングする

Googleで一度検索した後に検索窓のすぐ下の右端にある「ツール」を選択します。
※スマホの場合は「ツール」ではなく「検索オプション」
すると「すべての言語」「期間指定なし」「すべての結果」という表示が現れますので、このうち「期間指定なし」というところをクリックすると

  • 1時間以内
  • 24時間以内
  • 1週間以内
  • 1か月以内
  • 1年以内
  • 期間を指定

と表示されます。
このうち、「1年以内」を選択すると、1年以内に更新されたサイトのみを対象として再検索されます。

パソコンとスマホどちらでもOK

この検索方法はパソコンでもスマホでも、どちらでも使えます。
※注意:スマホの場合は「ツール」ではなく「検索オプション」と表示されます

最近はパソコンを持っている人が少ないようなので、スマホでも使えるのは良いですね。

普段何気なく検索していると思いますが、検索も人によって取れる情報量や目的の情報にたどり着くまでの時間は異なります。これからの時代は検索スキルも重要だと思います。特に仕事で検索する機会が多い人はなおさらですね。効率に直結しますからね。

最新の技術資料などを調べたい時に役立つ

これは仕事などで最新技術を知りたい場合などに役立ちます。
例えば、ソフトウェア開発のテスト工程について調べたい場合は
「テスト手法 新しい」などで調べても比較的新しい情報が取れますが、
期間指定することでさらに最近の情報を取ることができます。

Google検索を使いこなそう

普段何気なく使っているGoogle検索ですが、期間指定を使うことで欲しい情報がより的確に探せます。

他にも日本語だけのページを検索することも可能です。
最近のソフトウェア開発では検索結果に英語しか出てこないことも多かったりしますが、
日本語サイトのみを検索することで何か見つかるかもしれません。
※まぁ本当はソフトウェアエンジニアは英語が読める方が望ましいですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました