【家づくり】家を建てるために最初にやるべきは「状況を整理すること」

家づくり

私自身、石川県で家を建てることにしましたので、自分のための備忘録これから家を建てる人の参考になるよう記録を残していきます。

まずは家づくりの最初のステップとして状況を整理しましょう。といってもそんなに気負う必要はありません。ざっくりで問題ありません。自分の状況とどういう家を建てたいかなどの要望といつまでに建てたいかなどを整理しましょう。

この記事を読むと自分にあった「まず最初にすべきこと」が分かると思います。

対象読者

・家を建てるために最初に何をすれば良いか分からない人
・とりあえず家づくりするために情報収集している人

家づくりの基本は同じでも、条件は十人十色

家づくりを考えた時に、たいていの人が思い浮かべる流れは

  1. 土地やハウスメーカーを決める
  2. 家の間取りや内装などを決める
  3. 工事開始
  4. 引き渡し

だと思います。

しかし、既に土地を持っているのかどうか、ハウスメーカーは決めているのか、お金はどうするのか、など細かい条件は人によって異なります。

まずは自分の状況や条件を整理しましょう

まずは自分が考えていることを簡単に整理しておきましょう

ざっくりと下記項目を整理しておけば、ぐっと現実味が出てくると思います。

  • 土地の有無
  • 希望の地域があるか(どこに建てたいか)
  • ハウスメーカーは決めているか
  • 住宅ローンを借りるのか
  • 頭金を入れるのか、フルローンにするのか
  • 間取りに要望はあるのか
  • いつ頃までに建てたい、工事の時期に希望があるか

状況・条件が整理できるとスタート地点が分かる

例えば、土地を持っていない場合で考えると

  • 自分で探す
  • ハウスメーカーを決めて一緒に探してもらう

という選択肢があります。

仮に自分で探す場合は、先に不動産を探すのか、ハウスメーカー選びと並行するのか、という風により具体的なアクションが定まってきます

もちろん、無鉄砲にいきなりハウスメーカーに行くという選択肢もありです。しかし、結局は上記を考えないといけないので、先に整理しておいた方が楽です。

自分のスタート地点を見つけたら行動あるのみ

まずはざっくり整理してみて、自分のスタート地点を見つけたら実際に行動を起こしましょう

とはいえ、家づくりという一生に一度あるかないかの話なので不安があると思います。しかし、いずれ行動しないといけないのなら今行動しましょう。行動する時までの悩んでいる時間がもったいないです。

行動したからといって、契約しなければいけない訳でもありませんし、合わなければ断れば良いのです。正直、買い手側の行動としては断るのは心苦しいですが、こちらも妥協する必要はないので、断るときは毅然とした態度で断りましょう(でも丁寧に、ですよ)。

まとめ:家づくりの第一歩は整理

家づくりの流れは誰でも大体同じです。しかし、条件は十人十色です。全く同じ条件の人なんていないと思います。

だからこそ、自分の条件を整理して、自分の進め方を見つける必要があります

最初はそんなに難しいことはありません。気後れせずにまずは取り組んでみると良いでしょう。

お互い、良い家づくりができるよう頑張りましょう!(`・ω・´)

コメント

タイトルとURLをコピーしました